ご利用のながれ

応募の前に

東京大学大学院工学系研究科原子力専攻(以下,本専攻)の共同利用研究に応募する前に,まず共同利用研究に係る規程を必ずご覧になってください

管理区域内での作業には、ご所属先での放射線従事者登録が必要です。 登録手続きについては、ご所属先の放射線管理室等へお尋ねください。

共同利用の受入には、専攻内幹事が必要です。当専攻の教職員へ直接お問い合わせの上、専攻内幹事を選任してください。 ご不明の点は、共同管理室へお問い合わせ下さい。

申請書の提出

L,H,F,S,Yシリーズの次年度の共同利用(4月 ~ 翌3月)は12月中旬に募集を開始し、1月中下旬に締め切ります。
例年,Hシリーズ(HIT)の共同利用は、10月 ~ 翌年9月を基本としておりましたが,平成26年度より,他のシリーズと同様に,4月から翌3月までの実施に致しました.ご注意下さい.

過去に応募いただいた学科・機関・研究者へは、ご案内と申請書様式等を郵送させて頂いております。様式等はこちらからもダウンロード可能です。

審査、共同利用の承認

ご提出頂いた書類に基づいて、専攻内安全審査、および、研究計画委員会、共同利用運営委員会での審査が実施され、共同利用が承認されます。

承認の決定は3月上旬~4月上旬となります。

マシンタイムの配算

共同利用承認後、ライナック管理部、HIT管理部がマシンタイムを決定し、各研究課題へ配算します。現在のマシンタイムは、こちらでご覧いただけます。

Lシリーズ(ライナック)に採択された方へは、共同利用管理室より半期毎にマシンタイム申込書提出のご案内をいたします。

共同利用開始

3月下旬と9月下旬に、それぞれ、当該年度の上半期、ならびに、下半期のマシンタイムが発表されます。

Lシリーズの実験参加者でライナック運転資格を取得していない方は、4月下旬頃に実施されるライナック運転資格取得講習会を受講してください。

ご利用にあたっては、十分前もって、施設の管理部へ実験条件等をご連絡ください。また、実験開始前に作業計画書物品等搬入・搬出,非常時連絡先シート等を提出いただく必要があります。利用施設や作業内容毎に必要書類が異なりますので、各施設の管理部、もしくは、専攻内幹事お尋ねください。

設備利用料のお支払い

共同利用終了後、施設の管理部より、設備利用料のお支払方法に関するご連絡をさせていただきます。施設の運転費用および共同利用スペースの賃料は以下の通りです。

設備の種類課金額
ライナック、及びその附帯設備60,000円/週
HIT・バンデグラーフ加速器50,000円/日 (200,000円/日)
HIT・タンデトロン加速器30,000円/日 (120,000円/日)
共同利用スペース2,000円/m2・月
()は成果を公開しない場合。

成果報告書の提出

共同利用終了後、成果報告書(A4・2ページ)のご提出をお願いしております。この報告書は纏められ、共同利用成果報告書 兼 施設年報 として公開されます。 なお、知的財産の取扱いについては共同利用研究に係る規程の第7条に以下の通り記述があります.

1 共同利用において得られた成果は、実験参加者および専攻内幹事が共有するものとし、成果発表の際には共著となることも含めて事前に両者間で同意を得るものとする。
2 学会、原著論文および書籍等の成果発表にあたっては、謝辞として「東京大学原子力専攻の共同利用の一環として実施した」(英語の場合には「a collaborative research project at Nuclear Professional School, School of Engineering, The University of Tokyo」)の旨を明記する。
3 実験参加者が共同利用研究の成果をもとに特許を出願するにあたっては、専攻内幹事と協議するものとする。
4 なお、第一項および第三項は、別に定める成果非公開型の研究テーマには適用されないものとする。

成果報告書の書式は、ここでダウンロードできます。

過去の共同利用成果報告書は、ここから閲覧できます。