JRR-4照射設備特性一覧

※ それぞれ色つきの特性が、再稼働後の特性です。
照射設備 照射時間 照射キャプセル 熱中性子束
(最大)
(n/p2・S)
速中性子束
(最大)
(n/p2・S)
カドミ
材質1) 外形寸法
(mm)
最大収
納個数




Tパイプ
(水力)
10秒〜6時間 PE,PEN
PI,AL
Long:φ32×140L
Short:φ32×70L
1 (旧)A系統:5.3×1013 1.3×1013 3.8
(新)A系統:5.7×1013 1.1×1013 4.2
(旧)B系統:4.3×1013 5.6×1012 4.6
(新)B系統:4.5×1013 4.4×1012 5.6
Sパイプ 10秒〜6時間 Long:6
Short:12
(旧)4.0×1013 5.9×1012 4.5
(新)4.2×1013 6.4×1012 5.2
Dパイプ 10秒〜6時間 (旧)4.3×1013 5.2×1012 4.8
(新)4.1×1013 6.0×1012 5.6
 Nパイプ2) 10秒〜6時間 (旧)1.7×1013 9.6×1011 8.1
(新)1.5×1013 1.0×1012 7.9
気送管 6秒〜20分3) PE φ27x78L 1 (旧)3.2×1013 7.8×1012 3.6
(新)3.4×1013 5.7×1012 4.0

照射設備 照射時間 冷却方式 照射孔径
(mm)
ビームモード 熱中性子束
(<0.53eV)
(n/p2・S)
熱外中性子束
(0.53〜10keV)
(n/p2・S)
速中性子束
(>2.6MeV)
(n/p2・S)
カドミ
ガンマ線量
(Sv/h)
中性子ビーム設備
(N.B.F)
6時間
(専用運転時
は〜6時間)
空 気
自然循環
200□ 熱外中性子モード 3.6×108 2.2×109 4.7×105 1.15 2.4
熱中性子モードT 2.0×109 9.0×108 3.6×105 2.5 3.6
熱中性子モードU 6.5×108 3.2×107 5.0×106 13.5 0.7

照射設備 ビームライン サイズ Bi厚さ 熱中性子束(n/p2・S) ガンマ線線量率
即発ガンマ線分折装置 スーパーミラー 5x2(p) 0cm (旧)9.6x106 8.4
(新)1.1×1011 16.6
4cm 6.7x106 1.7

照射設備 照射孔径(mm) 冷却方法 照射時間 熱中性子束(n/p2・S) カドミ比
プール実験設備 簡易照射筒 φ60 空気自然循環 〜6時間 最大 2.4x1012 約 20

キャプセル内径表(ねじ山の関係で多少サイズが異なりますので、目安として活用してください)
材質 内径寸法(mm)
PE   Long :φ28×118L
  Short:φ28×48L
PEN   Long :φ26×118L
  Short:φ26×48L
AL    φ24.5×67L
気送管    φ20.5×67L

注)
1)材質の記号:PEはポリエチレン、PENはペン、PIはポリイミド、ALはアルミニウム。
2)Nパイプはシリコン照射優先(放振協)。
3)バイパス回路使用時は30秒〜20分です。
4)気送管にて5分以上の照射を行う場合、カドミシャッターを使用して照射を行う場合は、大学開放研究室にご相談下さい。