Contact information:
〒319-1188
茨城県那珂郡東海村白方白根2−22
東京大学大学院工学系研究科原子力専攻
phone : 029-287-8400(ダイヤルイン案内)
fax : 029-287-8488

www.nuclear.jp
Access to UTNS


大きな地図で見る

東京大学 原子力専攻・研究施設



News
研究員宿泊施設リニューアルについて

6月23日(月)研究員宿泊施設がリニューアルオープンします。(2014.6.20)

原子力防災訓練の実施結果について

原子力災害対策特別措置法に基づき、原子力防災訓練を実施しました。(2014.5.19)

研究員宿泊施設改修工事の期間延長について

研究員宿泊施設改修工事の期間延長されることになりました。。(2014.3.26)

原子力事業者防災業務計画の修正と公表

東京大学大学院工学系研究科原子力専攻(茨城県東海村)に係る原子力災害対策特別措置法に基づく原子力事業者防災業務計画の修正が行われました。(2014.1.24)

「やよい研究宿舎」改修工事のおしらせ

茨城県東海村の東京大学工学系研究科原子力専攻では、共同利用研究者用の「やよい研究員宿舎」の耐震補強工事及び内部改修工事を実施することとなりました。

IAEA NEM School 2013

IAEA・JAEA・JAIF・東大原子力専攻共催でIAEA NEM School 2013が開校します。

原子力事業者防災業務計画の修正と公表について

東京大学大学院工学系研究科原子力専攻(茨城県東海村)に係る原子力災害対策特別措置法に基づく原子力事業者防災業務計画の修正が行われましたので、その概要を公表いたします。概要版は、こちら。

平成25年度 共同利用募集について(12/18)

I平成25年度の原子力専攻共同利用研究(F,L,H,S,Yシリーズ)の申込を開始いたしましたので、お知らせいたします。締切は1月29日必着でお願いいたします。

IAEA NEM School開校

IAEA・JAEA・東大原子力専攻共催でIAEA NEM Schoolが開校しました。

平成24年度共同利用募集について

平成24年度のオフパイル、ライナックの共同利用の募集を開始いたします。HITを利用したHシリーズの募集は震災影響のためありません。

平成23年度冬学期 大学連携型実験実習のお知らせ

平成23年度冬学期の大学連携型実験実習を3/8, 3/9の二日間にかけて実施いたします。

弥生運転停止記念式典延期のお知らせ

2011年3月31日に予定しておりました「東京大学研究炉「弥生」運転終了式典」は延期しております。詳細が決まりましたら、再度ご案内いたします。

Topics
 東日本大震災における被災者の方々へ心よりお見舞い申し上げます。」また東京電力・福島第一原子力発電所事故に関しても、原子力に携わるアカデミアとして、復旧・復興に向けて、様々な形で活動しているところであります。2011年5月には、工学系研究科教員挙げて、今後の工学のあり方につき、緊急工学ビジョン「震災後の工学は何をめざすのか」を編纂し、公開しております。また、本内容をより充実させた形で、内田老鶴圃より出版いたしております。本ビジョンにも原子力専攻教員は参画いたしました。ご参照の程、お願い申し上げます。

 本専攻も震度6弱に見舞われ、研究炉“弥生”は計画外自動停止いたしました。2011年3月31日をもって永久停止の予定でありましたが、3月11日の計画外自動停止をもって永久停止となり、現在は廃止措置中です。その他の施設も、建屋、重照射研究施設・イオン加速器、電子ライナック施設等で大きな被害を受けました。電子ライナックの全国共同利用は昨年度から再開いたしております。一方、重照射研究施設の被害は甚大でありましたが、一部本年度より再開しております。その他設備に関しましても職員挙げて復旧に努めているところであります。よろしくご理解お願い申し上げます 。

 専門職大学院は、本年度も18名の若き精鋭を迎え原子力専門職の教育を進めています。また、昨年6月にはIAEAのサマースクールを開催致しましたが、本年も5〜6月にかけて開催予定です。このほか、原子力教育の拠点として、原子力専攻としては、国内、国際的な活動を進めておりますので、よろしくご支援のほどお願いいたします。